プチヒント No.51
エクスプローラーの表示

作成したファイルを編集したり、保存場所を確認する時などに必要なエクスプローラー

タスクバーにあるアイコンを使うのが一般的かと思いますが
ショートカットキーを使うのも一つの方法です。

「Windows」キーを押しながら「E」キーを押すと表示されます。

ファイルを編集後上書き保存したのに、更新日時が古いままの時には
「F5」キーを押すと最新状態に更新できます。

ファイルの保存場所をお知らせする時などには、
「Alt」キーを押しながら「D」キーを押すと、アドレスバーが
フォーカスされるのでコピーして使えそうです。
ここではフォルダまでですが、
「ホーム」タブにある「パスのコピー」ボタンを使うと
フォルダだけでなくファイル名をコピーされます。

オプションを使用すると、起動時のフォルダを変更したり
クイックアクセスへの自動登録を無効にすることもできます。

きっと便利さが実感できるはず!
お試しくださいね。